審美歯科

審美歯科とは?

審美治療とはただ歯の形を整え、白くする事だけではなく、見た目にも機能的にも考慮し治療します。バランスの取れた口元を作り出すことで、健康で美しい素敵な笑顔が生まれます。また、精神面でもお口の悩みやコンプレックスを解消することで全身の健康や自信をもった明るい性格を導くことにつながると考えます。このように歯には、機能的な側面と審美的な側面、どちらも健康的な日常生活を送るうえで大事な要素ですが、保険診療による一般の歯科治療では、虫歯などの除去、失ってしまった歯の機能を回復するといった治療に重点が置かれ、治療した後の見た目や周りの歯との調和・機能性などを考えた場合には、限界があります。当医院では、最先端の歯科医療技術で審美的にも機能的にも患者様に一人ひとりに合った治療を行っております。


審美歯科はどんなとき治療するの?

Case1:歯の色が黄ばんでいる

ホワイトニング ホワイトニング

ホワイトニングとは、健康な歯を削らずに歯を白くする方法です。もともとわずかに黄ばんだ色をしていたり、飲食による着色・神経をとった後に歯が黒ずんでしまった、など原因はさまざまですが、それをより白くする方法です。 歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、家庭で道具を使って行う、ホームホワイトニングに分けられます。また、これら2つを 併用して行うデュアルホワイトニングがあり、もっとも効果的な方法です。神経をとった場合はウォーキングブリーチという方法で歯を白くする事が可能です。


今注目されているホワイトニングシステム
スーパーポリリンホワイトニングで痛みもなく安心して輝く白い歯へ

スーパーポリリンホワイトニングシステムとは、ポリリン酸という成分を使ったホワイトニングの施術方法です。このポリリン酸は微生物から哺乳類にいたるまで、あらゆる生物の体のなかにもともとある成分のため、その安全性も担保されております。スーパーポリリンホワイトニングシステムとは、このポリリン酸を使って歯の汚れをおとし、コーティング(ステインや歯石の沈着防止)するため、痛みもなく、着色しにくく、透明感が残ります。

施術の流れなどスーパーポリリンホワイトニングについて詳しくはこちらをご覧下さい。

ポリリン酸がステインを落として付きにくくする仕組み
ポリリンホワイトニングの効果
スーパーポリリンホワイトニングシステムのメリット

ポリリン酸は、歯に付着するステイン(歯の黄ばみやくすみの原因物質)を落としやすくして付きにくいという特長があります。 通常、歯のホワイトニングには清掃剤、研磨剤、着色剤、あるいは漂白剤等が使われいずれも歯を傷つけてしまう原因となりますが、ポリリン酸を使ったスーパーポリリンホワイトニングシステムであれば無駄に傷をつけることがなく、輝く白い歯を手に入れる事ができます。

スーパーポリリンホワイトニングシステムの効果
従来のホワイトニングより数倍白くなる
色の戻る率が低い
エナメル質の表面を守れる
着色しにくく、透明感が残る
痛みがなく、知覚過敏になりにくい
次へ

① 3倍白くなる
② しみない
③ 着色戻りが圧倒的に少ない
④ 歯質を強化できる
⑤ 傷付けない
⑥ 歯の表面と内部両方のコーティングが可能

Case2:以前、治療した奥歯の詰め物が口を開けると見えてしまう

セラミックインレー セラミックインレー

インレーとは、虫歯などで歯を削った所に詰める、詰め物のことです。インレーに使われる素材はいろいろなものがありますが、その中でもセラミックインレーは、年数によって変色することもなく強度も強く、色も自在に調整できるので、どこに詰め物があるのかわからないほど自然に仕上げることが出来ます。


Case3:以前、前歯を差し歯にしたのですが、歯が黄ばんでいる

セラミッククラウン セラミッククラウン

自分の歯を削り、それを土台にして人工の歯をかぶせる物をクラウンといいます。保険内治療の物ですと、金属にプラスチックを付けたものになりますので、強度が弱く、年数が経つと黄色く変色してしまいます。オールセラミッククラウンですと、セラミックインレー同様、金属アレルギーの心配がない他、自然で光透過率が高いので、見た目に大きく影響する前歯にもっとも適した材質のかぶせ物です。


Case4:短期間で治療したい

セラミッククラウン セラミッククラウン

セレックは口腔内カメラによる撮影と機械により修復物の作成を医院内で行います。治療当日に詰め物・被せ物をセットすることができるため通院回数が少なくてすみます。また、治療後の仮封(技工物を装着するまでの樹脂の詰め物)の期間が無いため虫歯の再発リスクを低く抑えることができます。

Case5:歯を失ってしまった

ヒューマンブリッジ

「ヒューマンブリッジ」を聞いたことがある方はほとんどいらっしゃらないと思います。 簡単に言いますと、歯を失った際の治療法の1つで、従来法の「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」のデメリットを改善した治療法になります。 歯科先進国のアメリカや韓国では7年前から治療法として採用されておりますが、日本ではまだ認知が遅れており、この治療法を採用している医院さんはほとんどありません。

ヒューマンブリッジの治療の流れ

ヒューマンブリッジの治療例


※お口の中の状況によっては適応できない場合もあります。

ヒューマンブリッジの特徴
  • 「隣り合った歯をほとんど削らない」
    隣り合った歯をほとんど削らないため、残った歯に対するダメージが最小限にできます。
  • 「インプラント治療ができない方へ」
    心臓病、高血圧、糖尿病、手術が怖い、他、何らかの事情によりインプラント治療ができない方にもヒューマンブリッジは対応できる場合が多くあります。
  • 「手術不要」
    歯をほとんど削らないため、痛くなく、無麻酔で処置できます。インプラント治療のような外科的な手術も不要です。(症例によっては麻酔が必要な場合もあります。)

このページの先頭へ

  • 院長紹介
  • 設備機器紹介
  • 医院内案内
  • 当院の虫歯治療
  • 審美歯科
  • セレック
  • 歯周病治療
  • 義歯
  • カウンセリングルーム
  • レーザー治療
診療時間・お問い合わせ歯科タウン 案内地図 各種カードの取り扱い